先輩の声

Recruitment information

いちょう薬局で現在活躍している先輩から話を聞いてみました。

Interview -02

薬局薬剤師はすばらしい職業。そう思わせてくれる会社です。薬局薬剤師はすばらしい職業。そう思わせてくれる会社です。

現在の担当業務について

2017年卒の1年目です。
薬剤師として働いてまだ半年しか経っていないので、むしろ学生に近い立場ですね。

入社の決め手は

私は元々、奨学金返済支援のある病院から内定をもらっていました。ところが、いずれ将来は独立して自分で薬局を持ちたい、さらにできれば漢方の道にも進みたいといった想いがあったため、薬局就職の道も模索していました。そんな中でこの会社と出会い、佐藤社長と面接をして一発で入社を決意しました。
佐藤社長は非常に高度な薬局経営のノウハウを持っていて、自分と共感できる人を求めているという事前情報があったため、会うまではおそらく怖い人なのだろうと勝手に想像していました。しかし、食事をしながらフランクに話をすることができ、その魅力に引き込まれました。やたらとグレープフルーツサワーを飲む若い社長だなというのが第一印象です(笑)。

今後の目標について

まだまだ薬剤師としては半人前ですが、今後は薬局運営のことにも積極的に目を向けていきたいと思っています。たとえば、どの処方にも対応できるよう在庫品目をたくさん揃えることは患者満足につながるかもしれませんが、一方でデッドストックが増え、会社経営に悪影響を与えかねません。このような患者満足度と経営のバランスといった問題にも自分なりの考えを深めていきたいと思っています。

就職活動中の方へ

実務実習を経験して、薬局業務が大変だと感じた人も多いかもしれませんが、私は「すばらしい職業」だと実感しています。そう思わせてくれるこの会社で一緒に働きましょう!